2005年07月27日

キューバを感じって

cigar 199.jpg

先日何も予定の無かった休みの日に夕方から大井町で飲んだくれ、帰りに野村たばこに立ち寄った。店内にはお客はいなく野村さん1人が店番をしていた。いつものように奥のヒュミドールからカマチョを一本取り店内に戻った。以前から気になっていたのだが、この部屋はやけに暑い・・・ 冷房が故障しているのか、野村さん自身あまり冷房が好きではないのか分からないがとにかく暑い。私はこの暑い店内に腰を下ろしカマチョに火を点ける。そうすると野村さんが「コーヒー飲む?」と私に声をかけてくれた。このクソ暑いのにコーヒー?と思ったが遠慮せずにお願いした。私はハンカチで汗を拭きながら葉巻を吸い、コーヒーを飲んでいて思ったことは、夏の野村タバコはまさにキューバと同じ環境で葉巻を味わえる場所だということを・・・・

投稿者 BIB : 2005年07月27日 14:11 | トラックバック
コメント
コメントする









名前、アドレスを登録しますか?